アルバイトの人が貸金業者でお金を借りる際の条件

パートやアルバイトの人は、正社員じゃないので消費者金融でお金を借りることは難しいと思いがちです。しかし、実際はパートやアルバイトの人でも消費者金融でお金を借りている人はたくさんいます。安定した収入が継続してあると審査で判断されれば勤務形態は問われないのです。

*20歳以上の安定収入がある人ならOK
銀行カードローンでも消費者金融でも、お金を借りるには利用条件をクリアしなければなりません。その条件の基本が、満20歳以上で安定した収入が継続してあることです。それ以外の要素が絡んでくることもありますが、金融事故を過去に起こしていない限り、基本的には審査を通過することは難しくありません。ただ、どの程度の収入で安定とみなされるか、どのぐらいの期間で継続的なのかということは、それぞれの金融機関で基準が異なります。

*同じ職場に長く勤務していることが大切
アルバイトで月に10万円しか収入がないとしても、それが1年以上続いているのであれば、多くの消費者金融でお金を借りることはできるはずです。ただ、短期や単発のアルバイトを時々やるという程度は、安定性も継続性も認められにくいでしょう。審査で重視されるのは、今後もこれまでと同じ水準の収入が見込めることですから、やはり決まった職場でなるべく長く働けるように意識してください。