契約社員でも安定した収入があればお金を借りることに問題はない

銀行でも消費者金融でも、お金を借りることの条件に安定した収入があることが挙げられます。そのため、契約社員の方は「自分に安定した収入があると言えるのか」と不安になることもあるでしょう。しかし、安定した収入とは、決まった金額の収入が継続してあるということですから、契約社員だから審査に通過しないということはありません。

*銀行の方が審査は厳しめ
お金を借りるのにどこに申し込むかといえば、多くの人が銀行か消費者金融を思い浮かべることでしょう。この二つでは銀行の方が総じて金利は低いです。消費者金融で初めてお金を借りるとだいたい18%前後の金利になりますが、銀行なら15%以下となることが多いようです。お金を借りたら利息を付けて返さなければならないですから、金利は低いに越したことはありません。ただ、銀行の審査は消費者金融より厳しい傾向があります。契約社員でも銀行カードローンを契約している人はたくさんいますが、場合によっては審査に通過しないということもあり得るでしょう。

*消費者金融の方がお得に利用できることも
審査落ちが怖いというのであれば、最初から消費者金融を狙うのもありです。銀行より金利が高いといっても、大手の消費者金融業者なら初回の利用には無利息期間が設けられるサービスを提供しているところが多いです。短期間の借入なら消費者金融の方がお得になることもあるので検討の価値はあるでしょう。